セミナーインフォメーション

【開催報告】イーウェルカンファレンス2013春

イーウェルカンファレンス2013春 開催のご報告

写真:東京会場 事例発表の様子

株式会社イーウェルでは、日頃のご愛顧を感謝し御礼の意を込めまして「イーウェルカンファレンス2013春」を開催いたしました。このページでは、2013年5月28日(火)に東京で開催いたしました当日の様子をご報告いたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今年度は、昨年度まで開催しておりました秋のカンファレンスに加え、春にも開催させていただきました。

今回の基調講演では、イーウェル福利厚生研究所企業戦略研究会の座長を務められています山梨大学教育人間科学部教授の西久保浩二先生より、「戦略的生活設計の時代 〜福利厚生は何を支援すべきか〜」 というテーマでお話しいただきました。
アベノミクス効果で急速に経済が回復に向かい、福利厚生に対する環境も大きく変化しようとしています。
これを機に新しい福利厚生を考えていこうと、企業視点からの福利厚生や、
今後着目すべき方向性や分野とは何か?という観点から、興味深いお話をしていただきました。


次に、『2013年度イーウェルの取組み』では、「自分時間の積極的活用による働き方改革」をテーマにイーウェルとしてどのようなアプローチができるかをお話しさせていただきました。
『楽しい時間といい「働き方」はつながっている』というコンセプトをもとに、WELタイムをご提案させていただきました。


▼写真:会場の様子

基調講演 西久保先生  

司会者 情報交換懇親会 


 当日はお忙しい中、大勢のお客様にご来場いただきました。ディスカッション後の情報交換懇親会では、他企業のご担当者様と会話を楽しむ参加者様の姿を多くお見かけし、皆様に良いコミュニケーションの場をご提供することができたのではないかと思います。

開催概要

日時 2013年5月28日(火)15:00〜18:30(14:30受付開始)  
内容
基調講演
     ◆「戦略的生活設計の時代 〜福利厚生は何を支援すべきか〜」  
      講師:山梨大学教授 西久保 浩二 氏  

     ◆2013年度イーウェルの取組み     
      講師:株式会社イーウェル                         
     
終了後、個別相談会・ご参加企業様との情報交換懇親会を予定しております。

     ※西久保教授、ご参加企業様との名刺交換、情報交流の場です。講演の内容やテーマについての
     意見交換や、課題の共有などの活発な情報交換、人脈構築にもお役立ていただけます。




<講師> 山梨大学 生命環境学部・地域社会システム学科教授
(イーウェル福利厚生研究所 企業戦略研究会 座長)
西久保浩二氏
<プロフィール>
82年神戸大学経済学部卒業。99年 筑波大学大学院経営政策科学研究科博士課程修了。 大手生命保険会社を経て、(財)生命保険文化センター生活研究部主席研究員として活躍後、06年より山梨大学教育人間科学部教授。一貫して福利厚生問題に取り組み、理論と実績の経験を活かした独自の視点で企業福祉・社会保障問題に対して発言を行っている。


 
会場

◆TKPお茶の水カンファレンスセンター
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台三丁目11-1 三井住友海上駿河台新館3F
●東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B3出口・都営新宿線「小川町駅」B3出口・
 丸の内線「淡路町駅」B3出口 徒歩1分
●JR「御茶ノ水駅」聖橋出口 徒歩4分
参加費 無料 
定員 50名
※先着順とさせていただきますので、お申込みはお早めにお願いいたします。
※恐れ入りますが、各社2名様までとさせていただきます。 
対象 当社サービスをご導入いただいている企業のご担当者様、および企業の人事・労務・ダイバーシティ部門ご担当様 
主催 株式会社イーウェル
共催
協賛
備考  

 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社イーウェル イーウェルセミナー事務局/菅澤・加藤・林(志)
TEL: 03-3511-1449 
E-mail:smnr@ewel.co.jp