セミナーインフォメーション

イーウェル健康セミナー2012

医療費増大時代における健保の役割〜いま、出来る健康管理とは何かを考える〜

 特定健康診査・特定保健指導制度も第1次最終年度を迎え、各健康保険組合様におかれましては、実施率の向上に向けた取り組みを強化されるとともに、厳しい財政状況の折、医療費削減のための早期発見・早期予防の仕組み作りや、効率的・効果的な保健事業の在り方に、お悩みのことと思います。
 今回は、生活習慣病対策に精通した、ポリフェノール効能の発見者としても知られる板倉弘重医師のご講演、大日本住友製薬健康保険組合様の取り組み事例のご紹介などを通じて、健康保険組合の担う役割を考えてまいりたいと思います。

開催概要

日時 2012年9月25日(火)13:30〜17:00(受付開始・13:00〜)  
内容

【プログラム】


第1部 『いま出来る生活習慣病対策』 
         講師:茨城キリスト教大学名誉教授  板倉 弘重 先生


第2部 『特定健診・特定保健指導への取り組み・成果の事例』
         講師:大日本住友製薬健康保険組合 事務長 石川 清 様   


第3部 『受診率向上とデータ分析のためのアウトソーシングの活用』
         講師:株式会社イーウェル 健康事業本部  野澤 征也


第4部   『医療機関の選び方(DPC評価からわかること)』    
         講師:株式会社メディヴァ 代表取締役社長 大石 佳能子 様


  ※プログラム内容は予告なく変更することがあります。  



<講師>
 【板倉 弘重(いたくら ひろしげ)氏】
   1961 年、東京大学医学部卒業。同大学第三内科に入局。
   カリフォルニア大学サンフラン  シスコ心臓血管研究所に留学、東大第三内科講師、
   医局長を経て、国立健康・栄養研究所臨床栄養部長。
   その後、茨城キリスト教大学生活科学部食物健康科学科教授、国立健康・栄養研究所名誉所員。
   平成18 年春の叙勲で「瑞宝双光章」を受章。
   現在、茨城キリスト教大学名誉教授、日本臨床栄養学会理事長、日本ポリフェノール学会会長。
  万病の原因といわれる「活性酸素」研究の第一人者で、赤ワインやココアなどの抗酸化作用を
   明らかにしたことで著名。専門は動脈硬化等の生活習慣病やメタボリックシンドロームの研究
   であり、「ためしてガッテン」や「スパスパ人間学」など、メディア出演、著書も多数。


<講師>
 【石川 清(いしかわ きよし)氏】
   大日本住友製薬健康保険組合 事務長


<講師>
 【大石 佳能子(おおいし かのこ)氏】
  株式会社メディヴァ 代表取締役社長 
  医療法人社団プラタナス 総事務長
  元マッキンゼー・アンド・カンパニーパートナー(ヘルスケア部門統括)。
  厚生労働省・経済産業省主催各種検討会委員、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007」受賞
  など多方面で活躍中。


 
会場
〒100-6223 東京都千代田区丸の内1-11-1
JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分
JR有楽町駅京橋口から八重洲方面へ徒歩5分
JR京葉線八重洲改札から徒歩1分

【注意事項】
※ 個人・同業の方はご遠慮いただいております。
参加費 無料 
定員 先着50名様 
申込締切 2012年9月20日(木) 
対象 健康保険組合 常務理事・事務長・保健事業ご担当者 
主催 株式会社イーウェル
共催
協賛
備考  

 


お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社イーウェル セミナー事務局 担当:平松、塩原
TEL:03-3511-1666 
smnr@ewel.co.jp