セミナーインフォメーション

イーウェル健康セミナー2011

健保がこれからすべきこと〜健診受診率アップと健康管理の品質向上に向けて〜

 特定健康診査、特定保健指導制度も4年目に入り、各健康保険組合様におかれましては、平成25年度に向けて、受診率目標を達成するための施策に頭を悩ませていることと思います。そのような中、厳しい財政状況下においては、組合員に受けてほしい健康診断費用の捻出すら、困難であるという声も多く聞かれるのが現状です。
 当セミナーは、今後の制度動向を見据え、健診受診率の向上や、組合員の健康管理のために健康保険組合として何をすべきなのか、何が出来るのかを、国際医療福祉大学大学院の武藤教授、銀座医院の竹田医師からの生の声を通して、考えてまいりたいと思います。

開催概要

日時 2011年9月27日(火)13:30〜17:00(受付開始・13:00〜)  
内容 【内容】

第1部 13:30〜
テーマ:『健保を取り巻く環境の変化とこれから実施すべきこと』 
    講師:国際医療福祉大学大学院教授  武藤 正樹 氏

第2部 14:40〜
テーマ:『健診機関における特定健診制度の現状と課題』
    講師:医療法人社団湖聖会 銀座医院 医院長 竹田 義彦 氏   

第3部 15:35〜
テーマ:『特定健診と特定保健指導の受診率向上に向けて』
    講師:株式会社メディヴァ 代表取締役社長 大石 佳能子 氏

第4部 16:15〜             
テーマ:『効率的な保健事業運営のために』
    講師:株式会社イーウェル 健康事業本部 野澤 征也

 ※プログラム内容は予告なく変更することがあります。  



<講師>
【武藤 正樹(むとう まさき)氏】
国際医療福祉総合研究所長・国際医療福祉大学大学院教授・
(株)医療福祉経営審査機構CEO・(株)医療福祉総合研究所代表取締役社長

<プロフィール>

1974年新潟大学医学部卒業。
1978年新潟大学大学院医科研究科終了後、国立横浜病院にて外科医師として勤務。
同病院在籍中1986年〜1988年までニューヨーク州立大学家庭医療学科に留学。
1988年厚生省関東信越地方医務局指導課長。1990年国立療養所村松病院副院長。
1994年国立医療・病院管理研究所医療政策研究部長。1995年国立長野病院副院長。
2006年より国際医療福祉大学三田病院副院長・国際医療福祉総合研究所長・同大学大学院教授、
2007年より(株)医療福祉経営審査機構CEO、2011年より(株)医療福祉総合研究所代表取締役社長(兼務)




<講師>
【竹田 義彦(たけだ よしひこ)氏】
医療法人社団湖聖会 銀座医院 医院長 
専門 : 内科・健診

<プロフィール>

1978年 慶応義塾大学卒業。1986年に医学博士取得。
1985年より米国に移り2008年まで研究及び臨床経験で実績を積む。
2008年からは新赤坂クリニック総院長に就任、2011年4月より現職。




<講師>
【大石 佳能子(おおいし かのこ)氏】
株式会社メディヴァ 代表取締役社長 
医療法人社団プラタナス 総事務長
<プロフィール>

元マッキンゼー・アンド・カンパニーパートナー(ヘルスケア部門統括)。
厚生労働省・経済産業省主催各種検討会委員、日経WOMAN「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2007」受賞など多方面で活躍中。

 
会場
〒100-6223 東京都千代田区丸の内1-11-1
JR東京駅八重洲南口から外堀通りを有楽町方面へ徒歩3分
JR有楽町駅京橋口から八重洲方面へ徒歩5分
JR京葉線八重洲改札から徒歩1分

【注意事項】
※ 個人・同業の方はご遠慮いただいております。
参加費 無料 
定員 先着50名様 
申込締切 2011年9月22日(木) 
対象 健康保険組合 常務理事・事務長・保健事業ご担当者 
主催 株式会社イーウェル
共催
協賛
備考  

 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

お問合わせ

株式会社イーウェル セミナー事務局 担当:葛西、小野寺
TEL:03-3511-1244 
smnr@ewel.co.jp